2010年 09月 12日
“カフェラ” カプチーノ

f0046222_1025483.jpg



久しぶりに会う友人。
映画に誘われて一緒に行ってきました。

日曜日のお昼にランチをして、お茶して、映画。
たいていは平日の昼間にランチ&映画の私にとってはめったにないコースです。

お休みの日の元町、大丸あたりはやっぱり人が多いですね。
映画館が元町なのでそのあたりで時間を過ごしました。
和食ランチの後に珈琲で一服。
これまた私には珍しく大丸のカフェでお茶。
なんだか神戸観光の代表?

バリスタチャンピオンシップがおられるというこのカフェ。
カプチーノを頼むともこもこのミルクで絵が描かれてやってきます。
私のところにやってきたのはハート。
友人のところにはリーフ。
年齢を見て描いてくれてるのか知らん?
他にもうさぎやクマ、ねこのどうぶつだとかがあって、
リクエストを聞いてくれるそう。

なかなか消えないミルクの泡のハート。

優雅な休日の午後のひとときデシタ。








* * * * *


久しぶりの単館系の映画。
観に行ったのはシネリーブルでやっている《トイレット》


《かもめ食堂》《めがね》《プール》の作品をつくられた荻上直子さんの作品です
雰囲気は分かるかな?

カナダを舞台に描かれる「家族とは?」というテーマのモノ。
永遠に続くテーマでもあるんですが、
ユーモアもたっぷり。
異文化の中のもたいまさこさんの“ばーちゃん”ぶりも面白く、
発した言葉は二言だけ。
私のツボは次男レイの同僚インド人くん。
TOTO万歳。
それにしても3000$っていろんなものの相場なんですね。
餃子も作りたくなりました。


家族の温かさ、優しさを感じ、
日々の慌ただしさを正してくれる気持ちになりました。
久しぶりに観たこの手の映画。
やっぱり好きだなぁ
[PR]

by yahei-sweet | 2010-09-12 09:24 | 買えるおやつ


<< “パティスチェリア デリチュ...      完熟バナナシフォンケーキ ミニ >>