2008年 06月 25日
“大口屋”  餡麩 三喜羅



尾張銘菓

「あんぷさんきら」と読みます。
生麩の和菓子です。


f0046222_1744385.jpg



一宮に住んでいる叔母から母が信州の帰りに預かってきてくれたものです。彼女がこっちに遊びに来る時はたいていこれがお土産なのです。


f0046222_17445259.jpg





くるんでいる葉は冬になると赤い実をつけるとげのあるサルトリイバラ《サンキライとかサンキラとよばれているもの》の丸い葉。関西では柏餅の葉としても使われることがあります。つるんとしたちょっと厚手の葉です。

中はこしあん。
外側はもちっとしたなめらかななんとも言えない生麩の食感です。
大好きなのですが、なにせ、当日じゃないとこのもちっと感が堪能できない。間違って次の日まで残っていたら、大ショック。
「1個でいいよ」と言っていていた旦那も、見たらふたつぺろり。残りをちょっと期待してたんだけど。へへへ。
やっぱり美味しかった〜。ごちそうさま♪

で、次はいつ来てくれるのかな?
[PR]

by yahei-sweet | 2008-06-25 17:39 | 買えるおやつ


<< カピバラさんクッキー      キルシュクーヘン  〜佐藤錦の... >>