タグ:地方銘菓 ( 72 ) タグの人気記事

2008年 12月 07日
ル・レクチェ


新潟産

f0046222_830822.jpg



予告はしていてくれたけれど、
荷物が届くとやはり「きゃぁ♪」となってしまいました。


あともう少し、とおもいつつも
一番熟れていそうなものを食べてみました。
完熟の濃厚な甘さもさることながら、
若い甘さと果肉もいいですねぇ。
独特の食感とみずみずしい果肉の美味しさに、うまぁい♪
同じ洋梨のラ・フランスとはまた違った美味しさです。
あとはもうちょっと追熟させてからいただきますね。



Anneさま、昨年に続いて美味しいル・レクチェをごちそうさまでした。
[PR]

by yahei-sweet | 2008-12-07 23:29 | くだもの
2008年 12月 06日
“ハタダ” 御栗タルト


愛媛銘菓

f0046222_03144.jpg


「おんくりたると」と読みます。
“一六本舗”の一六タルトから
“ハタダ”の栗タルト
そして、この御栗タルト。
バージョンアップしてる?

刻んだ栗の入ったのは『栗タルト』、
こちらの御栗タルトは贅沢に柔らかい丸ごと栗が巻かれています。
餡の部分が少なめなせいか
『タルト』独特の柚子の香りがちょっと弱いように感じました。


f0046222_02457.jpg


包装もなんだかゴージャスです。
[PR]

by yahei-sweet | 2008-12-06 23:01 | 買えるおやつ
2008年 11月 07日
“みなとや” 幽霊子育飴(こそだてあめ)


f0046222_23142825.jpg



京都土産
おやつにしてはなんだかホラーなネーミング


かちんかちんと割ったような形のキラキラときれいなベッコウ色の飴です。
そんなホラーなネーミングも由来を聞けば納得。ま、ホラーなんだけど。

 むかし、妻を埋葬した後、数日経って土の中からこどもの泣き声が聞こえてきたので掘り起こしてみたら、なんと死んだ妻が生んだ子だった。その当時、夜な夜な飴を買いにきていた女性がいたのだけれど、こどもが掘り起こされた後はその姿を現す事はなくなった。その後、その子は後に高名なる僧になったそう。
そこから、この飴を幽霊子育飴と、いわれる。

 

というような事が書かれている由来書がついていました。

昔の人にとってはお砂糖や甘いものはとても貴重なもの。
これを赤ん坊の栄養としてた、というのもわからないでもないですね。

f0046222_23144997.jpg


材料は麦芽水飴とお砂糖のみ。
すっきりとさわやかで、シンプルな味。飴を食べた後の口の中のさわやかな感じは今まで食べた事のない飴の味。


こちらはいつも京都のおやつをくださる職場のTさんからのおみや。
いつもありがとう。
[PR]

by yahei-sweet | 2008-11-07 23:11 | 買えるおやつ
2008年 10月 21日
“湯の川プリンスホテル渚亭” 生キャラメル



北海道土産

f0046222_8194964.jpg


って、いつの話やねん、という感じですが、母も函館で例の《花畑牧場生キャラメル》をさがしていたそうですが、全く見かける事もできず、しかたなくかわりに買ってきたのがちょっと変わった瓶入り生キャラメルでした。



f0046222_820860.jpg



キャラメル部分と、クリーム部分の2層になったもの。
プリンやゼリーよりは固め、スプレッドくらいの固さ。
なめらかで、めちゃ甘。ちっちゃい瓶なのに一度にひとつはヘビーな甘さ。
そうだ、パンに塗ってみようと、塗って食べましたが、そうするとインパクトが薄くなっちゃっいました。

色んな生キャラメルが出てるもんですね。
[PR]

by yahei-sweet | 2008-10-21 23:19 | 買えるおやつ
2008年 10月 17日
“一六本舗” マドンナだんご



愛媛銘菓


f0046222_18544354.jpg



愛媛のお土産と言えば『坊ちゃん団子』が有名ですが、
こちらは一六タルトでも有名な「一六本舗」さんのマドンナだんごです。

坊ちゃん団子はこしあん、黄味あん、まっちゃんの三色団子です。
こちらのマドンナだんごはマドンナらしくいちご、ミルク、カフェオーレ味の餡で柔らかいおもちをくるんだもの。
色合いもお味も昭和なレディーといったところでしょうか。
パッケージも女の子なの。


f0046222_18561215.jpg



道後温泉で手の皮がふにゃふにゃになるまでお湯につかっていたいものです。
[PR]

by yahei-sweet | 2008-10-17 23:53 | 買えるおやつ
2008年 10月 03日
トラピストクッキー


母の北海道土産がまだまだ残っています。これもお土産の定番ですね。


f0046222_21563254.jpg




函館郊外ににあるトラピスト修道院。
そこで作られている『トラピストバター』をたっぷり練りこんで作られています。
昭和11年から作られているというクッキーはチョイスを薄くしてバター感をアップしたさくっとした食感。定番ながらいつ食べてもおいしいと思えてしまいます

f0046222_215615100.jpg



『修道院のレシピ』というものがあるくらいフランス菓子、特に地方菓子の原点は修道院で作られるものが多いと聞きます。これもそのひとつなのでしょうか。素朴な味でほっこりします。
[PR]

by yahei-sweet | 2008-10-03 23:58 | 買えるおやつ
2008年 10月 01日
函館キャラメル3種


f0046222_20204052.jpg



以前の北海道キャラメルとまた違ったキャラメル。
私の母から息子へのお土産です。

『練乳キャラメル』
  ↓
『コーンキャラメル』
  ↓
『函館塩ラーメンキャラメル』の順に開封されました。

コーンキャラメルはコーンスープを甘ーくした感じ。
ちょっと覚悟して食べてみたラーメンキャラメルは意外や意外、おダシの香りや味が少なく、ちょっと塩っぽいキャメルで「うへぇ」という感じはなかったのです。塩スイーツにも慣れてきましたしね。といっても完食されたのは練乳キャラメルのみ。
[PR]

by yahei-sweet | 2008-10-01 23:31 | 買えるおやつ
2008年 09月 30日
“スナッフルス” チーズオムレット&蒸し焼きショコラ


函館土産


f0046222_18143273.jpg


物産展でもお見掛けするこのチーズオムレットですが、物産展で購入ではなく、実は母が函館から帰ってきたので、そのおみやです。これまたしこたまお土産を買い込んで帰ってきたのでしばらく北海道モノを食べ続ける事に……(笑)なりますね。
おやつ星人の息子も息子なら母も母でしたわ。しばらくおつき合いくださいませ。
とってもふわっふわで口の中で溶けてゆくチーズスフレ。軽ーくひとつイケちゃいます。
ショコラはチーズ程のフワフワ感はなく、案外ふつう?
[PR]

by yahei-sweet | 2008-09-30 23:13 | 買えるおやつ
2008年 09月 28日
“ルタオ” ドゥーブルフロマージュ



北海道もの

f0046222_17261191.jpg



毎年楽しみにしている百貨店で催される北海道物産展。
年々規模が小さくなってきている様な気がしてちょっと残念感のあるものでした。

六月の修学旅行でしっかり満喫してきているはずの息子、何故かコレを熱望したために購入。きっと試食に引っかかったに違いない。


f0046222_17254428.jpg



おたるのルタオ
初めて聞いた時にはちょっと笑ってしまいましたが、すっかり慣れちゃって、「あ、ルタオ」と素直に入ってきます。
このドゥーブルフロマージュ、ここの代表的なチーズケーキ。
ふんわりとしたベイクドチーズケーキとレアチーズの2層の贅沢なチーズケーキです。濃いめの味なのですが、あとくちがさっぱりしていて、チーズのくせは感じません。
[PR]

by yahei-sweet | 2008-09-28 23:23 | 買えるおやつ
2008年 09月 19日
雪塩ちんすこう



沖縄産

f0046222_16475749.jpg


「こないだ、雪塩ちんすこうたべてん、塩っぽくてうまかったで。」と妹から聞いた翌日、職場にいくと、同僚が持ってきてくれていました。
なぁんてタイムリー♪


宮古島の美味しいお塩「雪塩」が使われています。うん、このお塩、確かに美味しいですよね。困るのは初めふわふわのサラサラんだけど、湿気ちゃうとべっとりしちゃうところかな(笑)
和風ショートブレッドとでも言いましょうか。バターの味はしませんが。
ちょとボロっとする食感にいつもよりしょっぱいちんすこうでした。
ほんとうまいやん。

f0046222_16481229.jpg



学校から戻ってきてコレを見つけた息子、「今日理科の先生が、今来てる台風の名前みたいや、って言ってた」と。
「んん?」と思い気象庁のHPをのぞいてみたら、やってきてたのは《シンラコウ》という名前の台風でした。ん、ま、………似てなくてもないか。
アジアでの台風の名前がどうやってつくのかちょっとお勉強になりました。
[PR]

by yahei-sweet | 2008-09-19 23:46 | 買えるおやつ