2011年 01月 09日
紅茶煮プルーンのファーブルトン

f0046222_1242010.jpg


お正月にToothTooothでジュジュを買いました。
その横で焼き上がったばかりのファーブルトンを見て
「せやせや、コレ作ろっ」と思っていたものの、重い腰は上がらず………
やっと動き始めました。

フランス、ブルーターニュ地方の郷土菓子。
まずは冷蔵庫の奥にあったプルーンを紅茶で煮ることからスタート。

以前作ったレシピにちょっと手を加えて、もちもちファーブルトンを作りましょう。
材料を順番に混ぜてざるでこして
ちょっと寝かせたらオーブンで焼くだけ。
簡単なのにねぇ。

焼き上がりはぶわんと膨らんで冷めるとしゅんとしぼみます。
型にバターとグラニュー糖をふってもちょっと型からはずしにくい。
どっちかっていうと大きく焼いてカットした方がらくちん。

もっちもちの生地にジューシーなプルーン。
甘さはちょっと控えめなのでグラニュー糖や粉糖をちょっとふっても大丈夫。



f0046222_12402469.jpg






* * * * * * * * * *

レシピ

ファーブルトン マフィン型12個分

たまご 2個
グラニュー糖 70g
薄力粉 80g
牛乳 240g
生クリーム 100g
ラム酒 大さじ1
ゲランドの塩 ひとつまみ
バニラ 3センチ
プルーンの紅茶煮 12個(1/2〜1/3にカット)
(アールグレイを煮出したものにグラニュー糖を適量入れ、
プルーンを入れて一煮立ちさせる)

型用バター&グラニュー糖


だまにならないように順に混ぜて、
ざるでこして少し寝かせてバターをぬってグラニュー糖をふった容器に入れたら
プルーンを入れ、焼く。
180℃40分〜50分
[PR]

by yahei-sweet | 2011-01-09 12:36 | 手作りおやつ


<< ほろほろオリーブ油のコーンミー...      “ラ・ピエールブランシュ” 焼... >>